早稲田大学カヌークラブblog.

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月27日

■4年ツアー後半戦 by八海山
9/13~23と4年ツアーに行って参りました
後発の筑波の車に乗って行ったので前半のことは知りません!チャヤ宜しく頼んだ


DSCF0502_R.jpg
筑波の貧民街にあるネロ家。北斗の拳か!ここはサザンクロスか!
そして向かいには家賃2倍の高級集合住宅が佇む。格差に驚く。

DSCF0508_R.jpg IMGP1170_R.jpg IMGP1180_R.jpg
13時間のロングドライブの果てに吉野川のモンベル前で先発組と集合。
早速大歩危を下りました。

IMGP1182_R.jpg IMGP1188_R.jpg IMGP1191_R.jpg
水が少なかったものの、さすが吉野。ミヤケがパドル折りました。私は足の指を折りました。
レントゲンを見ると綺麗に割れていました。未だ痛いです。
でも楽しい川だったので、身体を鍛え直して吉野にリベンジしたいです。
お母さん、最近カヌーが楽しいです。遅く咲く花もあると思います。

DSCF0544_R.jpg DSCF0545_R.jpg DSCF0553_R.jpg
香川にうどんを食べに行ったかと思いきや、その日のうちに高知にいました。
桂浜はただの海岸ではありませんでした。高波にテンションが上がる、レベルの高い観光地です。
ネロが「志村うしろうしろ!」みたいになってますが、案の定この直後だだ濡れでした。

IMGP1199_R.jpg IMGP1207_R.jpg IMGP1208_R.jpg
IMGP1222_R.jpg IMGP1220_R.jpg IMGP1217_R.jpg
四万十川はそんなに綺麗じゃないって話を皆にしたら意気消沈させてしまいましたが、なし崩し的にとりあえず四万十に向かいました。いや、四万十は素晴らしいよ、ロケーションというか、山深くにこんな広い川原、水質、魚影、そして何より水温が高い。さすが南国高知。

結局みんなではしゃぎました。たまじくんはアホなので沈下橋からエントリーしていました。



オープンデッキで下っているカヌーイストや家族連れで賑わう平和な四万十川で、皆が思い思いに遊び散らかす様はまるで川のギャングのようでした。



IMGP1245_R.jpg IMGP1257_R.jpg IMGP1274_R.jpg
IMGP1279_R.jpg IMGP1278_R.jpg
すぐ近くの支流、黒鱒川で潜りました。四万十は支流が良い!驚くべき透明度でした。
鮎がとてもうまそうでしたが、さすが降海魚だけあって泳ぎが速い、とても捕まえられません。
OBおっくんはアホなので手モリでアユを突くんですが、やっぱりさすがだなと思いました。

DSCF0572_R.jpg DSCF0576_R.jpg DSCF0582_R.jpg
そしてザンベジを下りました。嘘つきました。
テン場の近くがサーフポイントだったので、サーフカヤックやりました。もちろん私は見ているだけです。
完全に波が頭よりも高い。めちゃくちゃ楽しそうでした。ミヤケは「川より楽しい!」と言っていました。

IMGP1238_R.jpg IMGP1280_R.jpg IMGP1283_R.jpg
その後はまたもや黒鱒川で川遊び。ダイソーで装備を整えてのアタックです。
カジカもモクズガニも非常にうまそうでした。やっぱり川は楽しい!満喫した!

IMGP1284_R.jpg IMGP1285_R.jpg
この日のうちに香川まで舞い戻り、筑波OGまっきょさんの家にご厄介になりました。
帰路は、シルバーウィーク渋滞を賢く回避しながら快適に帰ってこられました。
あー四国よかった!良いツアーだった!

そのうちフォトアルバムアップします。たぶん。

■コメント

■コメントの投稿

<< アクセス解析 by八海山 | Blog TOP | シルバーウィークはとりあえず御嶽で。@makabe >>

profile

wasedacanoeclub

早稲田大学カヌークラブ
早稲田大学カヌークラブメンバーによるBlogです。本家サイトの方もよろしく!

search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。