早稲田大学カヌークラブblog.
2009年09月

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月27日

■4年ツアー後半戦 by八海山
9/13~23と4年ツアーに行って参りました
後発の筑波の車に乗って行ったので前半のことは知りません!チャヤ宜しく頼んだ


DSCF0502_R.jpg
筑波の貧民街にあるネロ家。北斗の拳か!ここはサザンクロスか!
そして向かいには家賃2倍の高級集合住宅が佇む。格差に驚く。

DSCF0508_R.jpg IMGP1170_R.jpg IMGP1180_R.jpg
13時間のロングドライブの果てに吉野川のモンベル前で先発組と集合。
早速大歩危を下りました。

IMGP1182_R.jpg IMGP1188_R.jpg IMGP1191_R.jpg
水が少なかったものの、さすが吉野。ミヤケがパドル折りました。私は足の指を折りました。
レントゲンを見ると綺麗に割れていました。未だ痛いです。
でも楽しい川だったので、身体を鍛え直して吉野にリベンジしたいです。
お母さん、最近カヌーが楽しいです。遅く咲く花もあると思います。

DSCF0544_R.jpg DSCF0545_R.jpg DSCF0553_R.jpg
香川にうどんを食べに行ったかと思いきや、その日のうちに高知にいました。
桂浜はただの海岸ではありませんでした。高波にテンションが上がる、レベルの高い観光地です。
ネロが「志村うしろうしろ!」みたいになってますが、案の定この直後だだ濡れでした。

IMGP1199_R.jpg IMGP1207_R.jpg IMGP1208_R.jpg
IMGP1222_R.jpg IMGP1220_R.jpg IMGP1217_R.jpg
四万十川はそんなに綺麗じゃないって話を皆にしたら意気消沈させてしまいましたが、なし崩し的にとりあえず四万十に向かいました。いや、四万十は素晴らしいよ、ロケーションというか、山深くにこんな広い川原、水質、魚影、そして何より水温が高い。さすが南国高知。

結局みんなではしゃぎました。たまじくんはアホなので沈下橋からエントリーしていました。



オープンデッキで下っているカヌーイストや家族連れで賑わう平和な四万十川で、皆が思い思いに遊び散らかす様はまるで川のギャングのようでした。



IMGP1245_R.jpg IMGP1257_R.jpg IMGP1274_R.jpg
IMGP1279_R.jpg IMGP1278_R.jpg
すぐ近くの支流、黒鱒川で潜りました。四万十は支流が良い!驚くべき透明度でした。
鮎がとてもうまそうでしたが、さすが降海魚だけあって泳ぎが速い、とても捕まえられません。
OBおっくんはアホなので手モリでアユを突くんですが、やっぱりさすがだなと思いました。

DSCF0572_R.jpg DSCF0576_R.jpg DSCF0582_R.jpg
そしてザンベジを下りました。嘘つきました。
テン場の近くがサーフポイントだったので、サーフカヤックやりました。もちろん私は見ているだけです。
完全に波が頭よりも高い。めちゃくちゃ楽しそうでした。ミヤケは「川より楽しい!」と言っていました。

IMGP1238_R.jpg IMGP1280_R.jpg IMGP1283_R.jpg
その後はまたもや黒鱒川で川遊び。ダイソーで装備を整えてのアタックです。
カジカもモクズガニも非常にうまそうでした。やっぱり川は楽しい!満喫した!

IMGP1284_R.jpg IMGP1285_R.jpg
この日のうちに香川まで舞い戻り、筑波OGまっきょさんの家にご厄介になりました。
帰路は、シルバーウィーク渋滞を賢く回避しながら快適に帰ってこられました。
あー四国よかった!良いツアーだった!

そのうちフォトアルバムアップします。たぶん。
スポンサーサイト

2009年09月25日

■シルバーウィークはとりあえず御嶽で。@makabe
巷ではシルバーウィークだなんだと騒がしいですが、
我々学生にとっては百害あって一利なしですよ、まったく。

ツアーとか行くべきなんでしょうが、とりあえず御嶽っていう安易なとこに落ち着いてしまうんですよね。
蕎麦屋に行きました。小川が嗅ぎつけた情報。
その名も「丹三郎」
DSC03887.jpg
店の外観からもお察し頂けるかもしれませんが、ちょっとお高いですよ。

DSC03885.jpg
謎の木馬にまたがる重吉

DSC03888.jpg
旨かったですよ。かなり。写真撮るの忘れてだいぶ食ってしまった。

天せいろそば¥1400
まぁ北海道ツアーでは安い方ですよねー

そば食い終わって、もうだいぶ時間が遅かったんですが一応漕ぎました。
にしても小川は変態やね。3年で吉野、4年はザンベジと将来の夢を語ってくれました。


夜はバーベキューしました。なんか久しぶり。
最近は面倒くさがってあんまりやってなかったからなー。
久々のBBQはなかなかいいものでした。

末光からDeutschlandのBierを頂きました。Danke schön!
では早速いただいちゃいます。

DSC03894.jpgDSC03898.jpg
Prost!!
ドイツの味がすんな。

早稲田菜園の赤唐辛子を焼いて食べました。
これね、モノによって辛いやつと甘いやつがあるんですよ。
大地が育んだ天然のロシアンルーレット!

おれは見事にアタリを引きました。
DSC03899.jpg

小川もこんな顔してますが、実は一つも辛いのに当たりませんでした。辛党なのにな。
DSC03896.jpg

この日は調子に乗って食材を買い過ぎまして、一人当たりの出費が1200円!!
エンゲル係数たけぇ~

日曜日は御嶽杯というそこそこ大きな大会がありました。
俺は前日まで大会の存在を知らなかった。

御嶽の学生で出場するのは船本だけ。
橋の上から応援してたんだけど、気づいたかな?
DSC03907.jpgDSC03901.jpg

この日は船本の発艇を見送ったあと白丸行きました。
昼間はすごく晴れていて暑いぐらいだったんですが、夕方になってくると日陰は寒い!
御嶽は秋も冬もどんどん先取りしていくので困ります。

合宿所に帰ってきたら、なんと2夜連続でBBQ!完全にノリですね。
前日に続いて滋賀県大の人や船本、弘堂さん、日慶も集まりだいぶ賑やかな感じでやりました。

途中で例の佐伯さんが現れました。
小川が余計なことを教えてしまう。
DSC03910.jpg

俺も目崎と一緒にやらされるハメに。
DSC03911.jpg
俺のチートに気づいた目崎。ミネマサGJ!!
DSC03912.jpg

まったくおめでたい人よ(真ん中)
DSC03913.jpg

でもこの辺まではよくある話で、まだ楽しいレベルなんですが・・・
このあとが問題で。

なんだか見てるこっちまで悲しくなってくるからやめてくれ。
DSC03922.jpg

リール巻いたって何も釣れないよ・・・。
DSC03929.jpgDSC03931.jpg

酒やタバコに逃げるのは良くない。
ヤニはマジでやめなよ。


あー、くだらねぇシルバーウィークだったな(笑)



P.S. セブンのすた丼はあんまり旨くなかったです。

2009年09月10日

■海釣り@makabe
こないだ、伊豆ツアーに行けなかった腹いせに海釣りに行ってきました。
メンバーは主に日系。早稲田は2人。あとおにぎり。

六会日大前に夜集合。
夜中の134号線はなかなか面白い。
アメ車やVIPカーに乗ったファンキーな兄ちゃんがいっぱい。
そして腐るほど立ち並ぶラブホ。
まるで異国に迷い込んだようでした。

宮川はなぜかリトルカブで登場。自分のものではないらしい。
DSC03751.jpg

集合場所から19.8kmと激近ですぐに着いてしまいました。
DSC03755.jpg


みんな海に着くなりいきなり釣り始める。まだ3時台。
ねむい。

俺はちっちゃいフグが一匹釣れたぐらい。
ただ海にエビをばら撒いただけでした。
オキアミってよく空中分解するんですよねー
DSC03756.jpgDSC03759.jpgDSC03760.jpgDSC03763.jpgDSC03764.jpgDSC03765.jpg

自分はドライバーとしての仕事もあるので、早々に釣りを切り上げて仮眠しようとしたのですが、
いろいろあって寝れなかったんですね。
ここからがキツかったんですよ。

猛烈な眠気に加えて、寝不足による様々な体の変調。そして襲い来る渋滞。

海沿いを走る134号線。夏の休日の昼間は決して入ってはいけません。
この辺の地形は奇妙で、一度渋滞にはまると迂回路が存在しません。
おまけに道沿いのコンビニはどこもクルマで溢れかえり進入不可。
もう9月だというのに湘南はまだ完全に夏でした。

サザンとか流して気を紛らわせた。
この道が空いてたらどんなに最高だろう?

らららーららららららーらららーららららららー・・・
・・・江ノ島がみえーてきぃーたー (勝手にシンドバット)
DSC03767.jpg

釣り帰りに特に何もせず(笑)、日大前に帰って来てしまう。まだ12時過ぎですよ?

どうするよ?

なぜかカラオケに。
DSC03769.jpgDSC03773.jpg
とりあえずみやっちは歌が上手かったと思う。


ギガントねむす。
カラオケ店の駐車場で仮眠した。
DSC03775.jpg


小笠原ツアーが潰れたりと、まぁいろいろで最近傷心気味です。
カラオケじゃなくて、本当のコート・ダジュール(ニースとかモナコとか)に行ってみたい。

誰か楽しいとこ連れてって(笑)

2009年09月01日

■入江生活
わたくしただいまロンドンでございます。

とりあえずスーパーやらなんやらで食べもん買えるので食事には困ってないようです。それでは、日本~ロンドンをざっと振り返ってみましょう。

DSC00024.jpg
前日出発の兄を見送る入江。球児さんからもらった麦わらを添えて。

DSC00030.jpg
入江の出発日

日本の最後の原風景は僕を曇天で送り出してくれた。

機内では12時間の長丁場を映画見たりちょっと寝たり映画見たりして時間つぶしました。
途中、飲み物配るパーソンが現れたので、水を頼んだら「フィジーオア*!☆?」と聞かれました。
「おぉ!あのフィジー諸島の水がこんな無機質な機内の中で飲めるのか!なんや、なんごくやな!!」
と思ったので、フィジーを頼んだらコップの周りについた不可思議な気泡。なんだこれは?


炭酸水て!!!


どうやらフィジーとゆーのはfijiではなくfizzyであり、それはまさしく炭酸的な意味だそうで。これはさっそくやられましたな。
しかし炭酸水単品で飲む人なんていますかね?炭酸水とかけて生卵ととく。その心は?割らなきゃ意味がない。まさにそう思うわけで。炭酸水のみのんでもただ空しいわけで。

そんなこんなでロンドンに着きましたが寮まで少し迷いましたね。そしてロンドンが僕を迎えたのは・・・


DSC00039.jpg
やはり曇天だった!!しかも日本のそれをはるかに凌駕した上での・・・曇天!!否、どんてん!!
例えるなら日本がLv.21ならロンドンはLv.67!!どうですか!!この開きに開いた差!!


DSC00037.jpg
便器から広がる原風景。部屋はお世辞にも良いとは言えない・・・


そして次の日は隣人の方と町へ。以下、途中で見つけた者たち。

DSC00044.jpg
真壁さんが昇天しそうですね。ここで売ってた真っ赤なフェラーリタオル、カコヨカタデス。でも高い。売ってたノート900円が安く思えてしまふ。

DSC00046.jpg
マックもゴージャスに見える。

以上、入江生活とりあえずこんな感じです。
p.sブログ書くのってひと苦労ですわね。コメントしてくれないと僕はブログをやめます(笑)


 | Blog TOP | 

profile

wasedacanoeclub

早稲田大学カヌークラブ
早稲田大学カヌークラブメンバーによるBlogです。本家サイトの方もよろしく!

search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。